中学生

ひとつのことに粘り強くあたる「集中力」や未知の分野に積極的に挑戦する「探求力」、困難な状況を適切に解決できる「判断力」など、社会で必要とされる力は一朝一夕では身につきません。蓄積されていく知識量にいろいろな経験が加わり徐々に培われていくのです。
中学生、まずは勉強です。ふだんの学習をひとつひとつしっかりとこなしていくことが、こうした力の礎となるのですから。

達成感が自信につながる
基本的に生徒が通う学校の進度に合わせて進めますが、それぞれの習熟状況によっては、積極的に発展問題や先の単元に挑戦させます。一人ひとりの達成感を大切に、あくまで分かりやすさが原点です。

学校別定期テスト対策
実施時期や試験範囲、問題傾向は学校によって異なります。当ゼミナールでは、学校ごとに対策スケジュールを組んでいます。通常授業内での対策授業に加え、授業外の補講、実技4教科の対策プリントの配布など細心の対策を講じます。

万全入試対策
夏期・冬期の集中講習、さらに9月から12月までの特別講座の入試特訓と1月からの入試直前講座、この1年は学習面はもちろん模擬面接や作文指導など入試に関わるすべてに対応していきます。

トップ校受験を目指す
このクラスの主眼は「応用力の養成」と「思考力の育成」です。学校の学習内容や定期テストも十分考慮に入れますが、教科書レベルの把握だけにとどまらない発展的な内容にも積極的に取り組みます。高校、大学とこれから続く勉強の礎となる、そんな「本当の学力」を養成していきます。
※特進特待クラスは、当ゼミナールによる選抜制です。

授業の進め方

対面授業

理解を深め、確実な定着を図るために
少人数クラス構成の対面授業と定着演習の繰り返しです。
対面授業は、学校進度の一歩先取りで、ポイントを押さえた解説を中心に進めます。密度の濃い分かりやすい授業を展開します。

演習

対面授業で学習した内容の反復演習です。一人ひとりの習熟度に応じて、基本レベルから発展的内容まで段階的に進めていきます。

弱点克服学習
年間36回

英語・数学 弱点発見とその攻略
学校の授業では次々に新たな単元に移り、時を重ねるほど取り返しは難しくなってきます。当ゼミナールの中学部では、通常授業とは別枠で弱点克服のための時間を設けています。一人ひとりの弱点を早め早めに明確にし、今後の学習そして入試のためのしっかりとした土台を築きます。

テスト対策

内申対策として
内申対策として、学校の単元テストや定期テストに向けて集中的に指導します。通常授業以外に学校別の時間割を組む場合もあります。

学力診断

現状把握と学習指針
現状の習熟度をしっかりと確認するための学力診断テスト・模擬試験を定期的に行います。志望校判定模試は各学年とも年間4回の実施です。